メンバー


池田 富樹 (いけだ とみき)

中央大学研究開発機構 教授

[専門]
高分子化学,光化学,材料化学

[略歴]
1973年京都大学工学部高分子化学科 卒業,1978年京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻博士課程 修了,英国リバプール大学博士研究員 (1978-1981),東京工業大学資源化学研究所教務職員,同助手,同助教授を経て,1994 年教授,2009年資源化学研究所 所長,2011年中央大学研究開発機構教授.

[留学先]
C.H. Bamford教授,A. Ledwith教授 (University of Liverpool, UK) のもとで博士研究員 (1978-1981)

[研究分野]
(1) 精密分子配向制御に基づく光エネルギー変換材料 (2) 架橋フォトクロミック液晶高分子を用いた光運動材料 (3) フォトクロミック液晶高分子を用いた二次元・三次元光記録 (4) 液晶フォトニクス材料 (5) 有機発光材料 (6) 配向場における重合挙動

[受賞]
2021年度 文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)「ソフトロボットを目指す高分子アクチュエーターの研究」
2020年度 日本液晶学会名誉会員
2018年度 高分子学会高分子科学功績賞「液晶高分子を基盤とする光機能材料の開拓」
2018年度 日本化学会フェロー (Fellow of Chemical Society of Japan, FCSJ)
2018年度 光化学協会功績賞「液晶フォトニクス材料の開拓と応用展開」
2018年度 日本液晶学会功績賞「液晶フォトニクスに関する先駆的研究」
2014年度 英国王立化学会フェロー (Fellow of Royal Society of Chemistry, FRSC, UK)
2009年度 日本化学会賞「協同現象を利用した新しい光機能材料の創出」
2009年度 日本液晶学会論文賞A部門「Photomobile Polymer Materials: Towards Light- Driven Plastic Motors」 Angew. Chem. Int. Ed. 47, 4986-4988 (2008); 山田宗紀,近藤瑞穂,間宮純一,Yanlei Yu,木下 基, Christopher J. Barrett,池田富樹
2003年度 高分子学会賞「フォトクロミック液晶高分子の創出と機能材料への応用」
2002年度 日本液晶学会論文賞A部門「Supramolecular Polar Thin Films Built by Surfactant Liquid Crystals: Polarization-Tunable Multilayer Self-Assemblies with In-Plane Ferroelectric Ordering of Ion-Based Dipoles」J. Am. Chem. Soc. 123, 1748-1754 (2001); 金澤昭彦,池田富樹,阿部二朗
1999年度 日本液晶学会業績賞「液晶を基材とするフォトニクス材料の創製と液晶フォトニクスへの展開」

[学会活動等]
(1) 日本化学会筆頭副会長 (2006),(2) 日本化学会副会長 (2005),(3) 日本化学会関東支部長 (2004),(4) 日本液晶学会副会長 (2010, 2009, 2003),(5) 日本学術会議連携会員 (2006-2008),(6) 日本化学会ナノテク・材料化学ディビジョン主査 (2006-2009),(7) 日本化学会学術研究活性化委員会委員長 (2010)

[ジャーナル]
Journal of Materials Chemistry (RSC, UK)
Associate Editor: 2006-2010
Advisory Board Member: 2011-

[趣味]
テニス

[連絡先]
中央大学研究開発機構(3号館12階31224号室)
〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27
Tel: 03-3817-1631; Fax: 03-3817-1631;
e-mail: tikeda _at_ tamacc.chuo-u.ac.jp ( _at_ → @)
池田富樹 教授