研究テーマ:分子を集める

固体表面に分子を選択的にしかも配向をそろえて修飾することで表面の性質や機能を制御できる点で重要である。また、いろいろな機能性表面を作成することも可能となる。我々は、ボトムアップ法によるナノ構造の構築に関する研究を行っている。ナノシート、ナノ微粒子、分子などの種々の物質を思い通りに配列するボトムアップ法の開発やマイクロリソグラフィー法により微細加工されてシリコン上に金をパターニングした基板上への選択的修飾法は分子デバイスなどへの応用が期待される。

具体的な研究テーマとしては以下の項目を中心に行っている。

  1. エネルギー・物質変換デバイスの構築
  2. 分子界面接合によるナノアーキテクチャー構築

図:固体基板上への自己組織化による分子ユニットの固定化

図:一次元タワーと三次元フレーム

Fabrication and Functions of Surface Nanomaterials Based on Multilayered or Nanoarrayed Assembly of Metal Complexes
M.Haga, K.Kobayashi,K.Terada
Coordination Chemistry Reviews (Elsevier), 251 2688-2701 (2007)

Electric Conduction Properties of Self-assembled Monolayer Films of Ru Complexes with Disulfide/Phosphonate Anchors in a Au-(Molecular Ensemble)-(Au Nanoparticle) Junction
Keiichi Terada, Katsuaki Kobayashi, Jiro Hikita, Masa-aki Haga
Chem. Lett. , 2009, 38(5), 416-417

Synthesis,electrochemical, and molecular inclusion properties of 'canopied' trinuclear ruthenium complexes with six anchoring groups on an ITO electrode
K. Terada, K. Kobayashi, M. Haga
Dalton Trans, 2008, 1-9

[ このページの先頭へ ]

研究テーマ:分子を創る

生体内におけるエネルギーへの関連や分子デバイスに有用とされるプロトン、電子移動分子や近年注目を集めているEL発光分子など分子単位での応用が広く研究されています。本研究室ではこれらを有機分子と無機分子の組み合わせである金属錯体を用いて研究を行っています。電子、プロトン、光に関わる新規化合物の合成、機能性評価について研究しています。

  1. プロトン、電子共役系錯体の合成
  2. 発光性金属錯体の合成
  3. 自立型多脚錯体の合成

図:RGBのリン光を発する金属錯体
RGBのリン光を発する金属錯体

Syntheses and Phosphorescent Properties of Blue Emissive Iridium Complexes with Tridentate Pyrazolyl Ligands
L. Yang, F. Okuda, K. Kobayashi, K. Nozaki, Y. Tanabe, Y. Ishii, M. Haga
Inorg. Chem, 2008, 47(16), 7154-7165

Highly Phosphorescent Iridium Complexes Containing Both Tridentate Bis(benzimidazolyl)-benzene or -pyridine and Bidentate Phenylpyridine: Synthesis, Photophysical Properties, and Theoretical Study of Ir-Bis(benzimidazolyl)benzene Complex
S. Obara, M. Itabashi, F. Okuda, S. Tamaki, Y. Tanabe, Y. Ishii, K. Nozaki, M. Haga,
Inorg. Chem. 45, 8907-8921 (2006)

[ このページの先頭へ ]